Favorite creatures!!

〜ぼくのヘルマンリクガメの飼い方〜

カメのイメージ

私は生き物全般が好きですが、特に爬虫類が大好きです。ただ、それは世間一般的ではなく、むしろ嫌われているものであります。かなりコアな趣味、世界なんだと実感しています。


しかし以前の記事で書いたように、嫌われ者の爬虫類の中で、何故かカメだけは嫌いと言われることが少ないのです。

favorite-creatures.hateblo.jp

今回は以前書いた見た目の理由以外にも、日本人ならではの理由を書いていきたいと思います。

カメのイメージ

カメのイメージとは、よくおとぎ話に出てくるようなイメージでしょうか。

  • 優しい
  • おっとり
  • 恩返し
  • ノロ

などが挙げられると思います。日本人にはお馴染みのイメージは、幼い時に見聞きした童話、おとぎ話(ウサギとカメや、浦島太郎)からの刷り込みによるものが大きいのでしょう。それが故に、日本人には「カメ嫌い」な人が少ない傾向です。

本当は肉食傾向で、かなり気性の荒いカメもいますが、そんなイメージを持っている人はほぼいないでしょう。

蛇のイメージ

この反対で、主に悪者扱いされるのが蛇です。印象は

  • 獲物丸呑み
  • 巻付き、締め上げ

などが挙げられます。とてもじゃないけど、いい印象ではありません。日本人の蛇に対するイメージで、古いものではヤマタノオロチの昔話での印象は強いのではないでしょうか。

まとめ

つまり、爬虫類嫌いは幼い頃に擦り込まれた印象でしかなく、本人が実害を受けた訳ではありません。

幼い頃のイメージだけで嫌いと言っている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。


その実、大人になってから爬虫類が好きになった方も多いと思います。それが現在の爬虫類ブーム、イベント増加、飼育用品の充実に繋がっているのだと思っています。




ちなみに我が家の場合、私が爬虫類好きなので、子供も爬虫類が好きになりました。さらに下の子は「ヘビ」が大好きになりました(笑)

やっぱり幼い頃の刷り込みの影響は強力だと思います(笑)

ヘルマンリクガメの寿命

リクガメを飼いたいと思い立ったとき、あなたならまず、なにを調べますか?

  • 餌?
  • 大きさ?
  • 飼育用品?
  • 値段?
  • 維持費?

以上は主に疑問に思い、よく調べられる事柄です。これらは「飼い方」であり、日々の世話と直結します。そのため、皆さん飼育書などで勉強し、お迎えの準備を進めます。

しかし、いくら飼い方を勉強したとしても、どうしようもない事柄があります。

それはリクガメの「寿命」です。

一般に亀類は長寿な生き物です。そして野生下よりも飼育下のほうが寿命は長くなる傾向にあります。
記録が残っているもので世界一の年齢は180年以上生きています。しかも存命です。


カメを飼うということは、この長い寿命を全うするまで世話をすることを意味するのです。

ヘルマンリクガメの寿命

我が家で飼っているヘルマンリクガメは、上手に飼育することができれば寿命は30年〜50年ともいわれています。


可愛い!飼いたい!と思っても、まずはその寿命を全うする間、世話をし続けることができるのかを考えましょう。

  • 転勤がある
  • 引っ越しの可能性がある

これらはペット飼育継続困難な主な理由です。しかし、亀類は長寿が故に、飼育者が先に寿命を迎えてしまう可能性があるので、

  • 飼育者が先に逝ってしまう。

が理由に入ってきてしまうのです💦私はこの事を飼育する際に一番悩みました。もし50年生きたとしたら、私は80代です。恐らくここで飼育開始しなければ、以降は私の方が先に寿命を迎えてしまう可能性が高くなります。

飼い方はもちろん大事ですが、「寿命」が長いことも考慮し、リクガメを迎えてあげてください。


リクガメは「一生の付き合い」になるほどの、パートナーになり得る生き物なのですから。


f:id:chuunentenki:20190522172332j:plain
(まだ2歳にもなっていないヘルマンリクガメ)



一生一緒の決意ができたなら、以下の記事で飼い方を見ていきましょう♫
favorite-creatures.hateblo.jp
favorite-creatures.hateblo.jp
favorite-creatures.hateblo.jp

「爬虫類」という珍しいペット

他人がペットを飼っていると聞くと、犬や猫を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか?そして犬猫を飼っていると聞いても、それが好きなんだなぁ、かわいいなぁと思うだけでしょう。


こんな場合、「爬虫類」と答えた場合はどうなるんでしょうか。私がリクガメを飼育していることで、実際に体験した事を書いて行こうと思います。


パターン1 第一声は「…えっ?」

会社の同僚と会話していると「ペット」の話になりました。

私「私も飼ってる」

同僚「何飼ってる?犬?」

私「リクガメ」

同僚「…え?…マニアックなもの飼ってるね笑」


パターン2 「信じられない」

子供の集まりのとき、お父さん同士の会話でペットの話しになりました。

他父「ウチはペットは飼えないかなぁ」

私「ウチはペット飼ってます」

他父「なに飼ってます?」

私「リクガメです」

他父「へぇ……そうなんですか」

私「…とヤモリも」

他父「マジで?…信じられない…」




…いいんです❗一般的ではないペットなのは認めます❗生理的に無理という人がいることも知ってます❗

ですが最近はイベントが増えたり、芸能人が飼ってたり、そこからメディアに取り上げられたりしてたから、認知され始めてるかなぁと思ってたんです❗


現実は違いました。


まだまだ少数派の変わり者です。すぐご近所さんで亀友達がいたので安心してました💦


ですが、めげずにここから爬虫類の魅力を発信することで、いずれ一般的なペットとして認知されたい❗そう思いながらブログは続けたいと思います💦(笑)




リクガメは可愛いですよ♫(笑)
favorite-creatures.hateblo.jp

リクガメ 夏のケージ温度

ついに今年も上部の蓋は外しました。


f:id:chuunentenki:20190520001533j:plain


もう最高気温が夏日の25℃を越え、ケージ内のクールスポットも30℃を越えてきました。


こうなると危険です。


ケージ内平均温度が30℃を超えてくると、オーバーヒート(温度の上がり過ぎ)の可能性が非常に高くなってきます。

最悪の場合「熱死」です。




この「飼育温度」は飼育者によって意見が別れるところではありますが、設定目安として飼育個体の、野生分布域の平均気温を参考にするといいでしょう。(もちろん個体差、体調等でその都度対応は必要です)
我が家のコウちゃんは「亜種ヒガシヘルマンリクガメ」で、スロベニア出身です。

この国の夏場最高気温は、30℃を超えることは滅多にありません。そんな国出身の亀には、常にクールスポット30℃越えのケージは、少し暑いと感じる場合も多いですね💦



favorite-creatures.hateblo.jp
favorite-creatures.hateblo.jp
上記のように、しっかりホットスポットとクールスポットを設置してあげましょう。


しかし、これからどうしてもケージ内温度が高くなってしまう季節です。その場合の対処法も以下の記事にまとめました。
favorite-creatures.hateblo.jp
favorite-creatures.hateblo.jp
参考になさってください。


最高最低温度を記録できる温度計を使用し、毎日かかさずケージ内温度をチェックしましょう。


そして、必要であればバスキングライトを消灯し、紫外線ライトのみで構わないと思います。

我が家は夏の7、8月はバスキングライトは使っていませんでした。それでもケージ温度は32℃となり、かなり焦りましたが、リクガメはなんとかダレながらやり過ごしました(笑)



今年もそろそろ排気ファンを出さなきゃなぁ…

リクガメ 野草 オススメ

今回はリクガメの餌『最強の野草』を紹介です❗

その名は…

ヤブガラシ』❗❗

f:id:chuunentenki:20190519220302j:plain
この野草はリクガメの餌の中で『最強』の名を欲しいままにしています(笑)それはナゼなのか。

「カルシウム含有量」「カルシウム:リン比」が他を圧倒しているからです。

ヤブガラシの100gあたりの栄養価

  • カルシウム  573mg
  • リン     32mg

カルシウム : リン比
17.6 : 1

リクガメ餌の理想比率は5:1といわれていますが、それを遥かに凌駕しています。カルシウム含有量は、


カブの葉、大根葉の2倍以上❗
モロヘイヤの2倍以上❗
小松菜の3倍以上❗❗
チンゲン菜の5倍以上❗❗❗


いかに豊富に含まれているかが分かります。カメの甲羅は中身が骨のため、カルシウムは出来る限り摂取させてあげたいので、食べる量に対し、含有量は多いに越した事はないです。


その点からすると、正にヤブガラシ『最強の野草』ですね(笑)こんなカルシウム含有量見たことない❗(笑)


ガッついて食べるほど趣向性が高いことはありませんが、小松菜のように普通に食べてくれる個体が多い気がします。ホントこれ以上何を求めるの!?と思うくらい優秀です。


と、まぁリクガメ餌用としては超優秀ですが、そこは雑草。一般の方にとっては駆除が困難な厄介者です。地上部分を取り去っても、土中の根部分が水平にどんどん伸びて地上に生えてくるため、一度生えてきたら完全駆除は無理だとも言われます。他の草類にも覆い被さり、薮(やぶ)を枯らす(からす)ほど生い茂るため「ヤブガラシ」と名付けられたそうです。


もう一つ和名に「ビンボウカズラ」の名前があります。どんどん生い茂るため、庭の手入れができなくなるほどの様から、「手入れする暇もないほど貧乏」あるいは、「この植物に覆われた家が貧相に見える」などの理由からそう呼ばれるそうです。


間違っても自宅庭で栽培しない方がいいでしょう(笑)

どう転がってもイイ印象はない雑草です(笑)恐らくこの草を見つけて喜ぶのは草食爬虫類を飼育している人たちだけでしょう(笑)




ヤブガラシを食べるヘルマンリクガメ。
f:id:chuunentenki:20190519221356j:plain

我が家では、5月〜10月くらいまではこの『ヤブガラシ』が主食になります。たまに飽きてきたのかな?と思うこともありますが、全く食べないことはありません。


みなさんも野草を与えることを検討しているなら、ぜひ愛亀にヤブガラシを❗


その他の餌の参考は以下の記事をご覧ください。
favorite-creatures.hateblo.jp
favorite-creatures.hateblo.jp

リクガメ ヨモギは好きではない

やはりヨモギは残してしまいます。


f:id:chuunentenki:20190518101248j:plain


他のタンポポ、クローバー、カラスノエンドウは茎以外完食しているのに、見事にヨモギは残っています(笑)

まぁ何枚かは食べているのですが、あと1枚じゃないか…と思ってしまいます(笑)


「仕方なく食べてやっている感」が伝わってきました(笑)


偏食までは行きませんが、餌の量を間違え、多く入れ過ぎてしまうと、はっきりと好きなものから食べて、嫌いなものは残っています。

ですがいつも観察し、食べなかったものを翌日多めにするなどの工夫はしています。

そのおかげか、毎日食べる量にムラはありますが、拒食、偏食にはなっていないと思われます。

  • 毎日豊富な種類を少量ずつ


そうする事で栄養の偏りを無くすだけでなく、偏食も防ぐことができます。
これはリクガメ飼育では重要です。その分飼育者の餌を用意する手間はかなりのものですが💦(笑)


以下のリクガメの餌、食事についてまとめた記事も参考にしてください。


favorite-creatures.hateblo.jp
favorite-creatures.hateblo.jp

カメの頭の動き

うつ伏せの、足は伸ばしっぱなし。


f:id:chuunentenki:20190518001351j:plain


リラックスしているのは認めます。温度が年中適温なケージ飼いのリクガメは、常にダレているのも理解できます。


ただ、最近は警戒心が薄れ過ぎて、亀の特徴である頭を引っ込めるという事が減ってきました(笑)


ちょっと亀であるのを忘れてるんじゃないの?とツッコミたくなります(笑)




そういえば、亀の頭の収納方法は

  • 潜頚類
  • 曲頚類

この2つに分けられるのは皆さんご存知でしょうか?


潜頚類の頭の収納は、首の骨を上下に折り畳んで行うため、甲羅の中に頭がすっぽり収まります。


対して曲頚類は、首を横に折り曲げて甲羅に沿わせて曲げるだけなので、頭は見えっぱなしです。(それ隠してる?と思うくらいです笑)



通常カメ(ミズガメ、リクガメ問わず)は身を守るため、頭に触れると前述のように引っ込めたり折り曲げたりします。しかし、これ以外の頭の動き(反応)をする種類がいることをご存知でしょうか?


ウミガメ

ウミガメに限っては頭に人の手が触れると引っ込めたりせず、全力で泳ぎます。一目散にその場から逃げようとするのです。
これは、捕食側であるサメなどから身を守るためで、その場に留まって縮こまるより、泳いで逃げるほうが安全だという理由からだそうです。

ゾウガメ

これは人の手が頭に触れても動じません(笑)すでに悟りを開いているような素振りです(笑)
その理由は、自然界ではあのサイズのカメには外敵がいないからという事で、頭を引っ込める意味がないのだそうです。
ためしに頭や首などに触れると、虫刺されなどで「かゆい」ところがあるらしく、もっとかいてと言わんばかりの表情で幸せそうです(笑)
爬虫類にあるまじき反応です(笑)


まとめ

ひとくくりで「カメ」と言っても、種類によってこんな反応までも違います。一度動物園などで、これらカメたちの反応を見て、観察するだけでも楽しいのではないのでしょうか。

そんな私は、こんな話をしているだけでも凄く楽しくて、時間を忘れてしまいます(笑)動物園なんて行った日には、子供たちよりも長い時間留まり、ずっとその場にいたい、帰りたくない!そんな気持ちになってしまいます(笑)


まぁ我が家のカメが待っているので、ちゃんと帰宅しますが(笑)




たまにはこんな子供の図鑑を見るのも楽しいですよ(笑)

私の愛読書